ベビ待ちママに贈る 不妊サプリ完全ガイド
ベビ待ちママに贈る 不妊サプリ完全ガイド

妊活で最善を尽くしたい人のための不妊サプリ特集

HOME » まだまだある!妊活を応援してくれる成分一覧 » ルイボスティ

ルイボスティ

不妊改善をサポートしてくれる成分「ルイボスティ」の原料や身体への働き、この成分を含んだサプリの口コミを紹介します。

ホルモンの分泌を促すミネラルが豊富

実のアイコン成分の原料

ルイボスティの原料となるルイボスはマメ科の一種で、細い葉を持ち黄色い花を咲かせる植物。

ルイボスティ落葉すると葉が赤褐色に染まるのが特徴で、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈だけで自生しており、水の乏しい、温度差も激しい高山を好みます。

そのルイボスをお茶にしたのがルイボスティ。南アフリカの原住民からは、古くから「不老長寿の秘薬」として語り継がれていたそうです。

実のアイコン身体への働き

ルイボスティが持つ、抗酸化作用とミネラルバランスにより、体内の問題を改善。結果的に男性の生殖機能や卵子・卵巣などの老化を防止することに繋がるのだそうです。

また、生殖機能に深く関わって来る、ホルモン年齢を実年齢よりも若く保つことにより、赤ちゃんができやすく、流産しにくい体づくりを担ってくれると考えられています。

そのほか、ルイボスには亜鉛・カリウム・マンガンなど、豊富なミネラルが含まれています。精子・卵子の製造を促し、ホルモンの分泌を高める成分として、大切なのが「亜鉛」なんです。

「亜鉛」は、男性女性両方の生殖機能の低下を防ぐと言われており、不足してしまうと不妊に陥ってしまう傾向があるのだそう。現代人はこの亜鉛を始めとしたミネラルの摂取量が低下しているとも言われていますが、女性の場合、亜鉛が不足すると生理不順などの症状が現れるので、特に要注意です。

昨今、大量のカフェイン摂取が、妊娠後の流産率を増加させるという研究結果が出ていますが、ルイボスティはノンカフェインなので、不妊対策中だけでなく妊娠した後も安心して飲み続けられるのは、大きなポイントだといえますね。

また、残留農薬などが知らないうちに体に浸透していくと、不妊を招くようです。ルイボスティを取り入れる際は、無農薬のものを選びましょう。

ルイボスティ配合の不妊対策サプリを取り入れた方の口コミ

  • 今、赤ちゃんが授かるのを待ってる状態です。妊娠をサポートしてくれると聞いて、ルイボスティを試してみました。メーカーによって美味しいところと、そうでもないところがありますので、いろいろ試してみるのがオススメです。夫婦で飲んでいるので、将来はここに子供が加わるといいなあ。
  • 味がまろやかで飲みやすいところが気に入っています。これなら普通に食後のお茶として、長く続けていける気がします。
  • ルイボスティは身体を冷やすとも言われていますが、良い卵胞・卵子を作ってくれるとも聞いたことがあるので飲んでいます。カフェインが入ってないので、妊娠してからも、安心して飲みつづけれられそうです。